深い山に入り込んで怖かったドライブ

深い山に入り込んで怖い思いをしたドライブ

免許をとりたての頃は良く一人で気ままにドライブに行きました。

私は埼玉県に住んでいるので例えば国道4号線を北にひたすら走って日光まで行ったり、地図を頼りに成田空港まで行ってみたりですね。

その頃はスマホも持っていないし、カーナビも私の車にはついていなかったのでひたすら地図と道路標識を目当てに走っていました。

やはりドライブは楽しいです。道はつながっているのだから迷ってもいつかは帰ってこれると思いながら運転。

好きなCDをかけたり、ラジオを聞いたり途中のコンビニで飲み物を買ったり、本当に自由です。

でも怖い思いをしたこともあります。やはり日光方面にドライブに行った帰り道でふと寄り道をしたくなったのです。

標識にナントカ山(忘れました)と書かれているのを見つけて寄ってみようとハンドルを切ったのです。

国道4号線を外れて標識を頼りに走って行きました。ところが行けども行けどもを標識らしい標識が出て来ないのです。あたりは段々暗くなっていきました。

どう考えても山の奥深くに向かって走っているようにしか思えません。コンビニはおろか人の住む家さえありません。と、いうか車さえもめったにすれ違いません。

「ナントカ山」っていうのは観光地ではなくてただ本当に山で自分はただその山をひたすら走っているだけだったのかも。

今にして思うとそう思うのですがその時の私はそんな風に思う余裕はありませんでした。山道なのでUターン出来る場所もありませんし標識もないし日が暮れてきて泣きたくなりました。

もう観光どころでは無くなって、ひたすら帰りたい。でもどこでUターンすれば良いのか。半泣きになっていた時にやっと一つの標識を見つけることができました。

それは知った地名を指し示していたので取り敢えずそちら方向に向かいました。どうやら山を降りるようです。

下り坂なのです。ホッとしました。平地に降りれば山にいるよりは怖くありません。

そして走って走って…。やっと国道4号線にもどることが出来ました。国道4号線をひたすら真っ直ぐ走れば家につくので本当にホッとしましたね。

私はふと思い付きで道を変えることがあるのでそれが良い結果を生むこともありますが、この時のようにひどい結果になることもあります。

でも、ただ分かっている道を走るだけなんてつまらない。やっぱり知らないところに寄り道するのがドライブの醍醐味かな、と思ってしまいます。夜とかはやめたほうが良いですけどね。

山道を走るならコンパクトカーが良いですよね。とくにガソリンスタンドが少ないので燃費の良い車だと最高です。個人的にはやはりトヨタのアクアですね。
http://アクア価格.net/
https://ja.wikipedia.org/

暗い車中では色々な話が出来ました。

結婚前の私たちの無謀なドライブの思い出

私達のドライブは、いつも突然始まります。
主人と結婚前の付き合っている時から、夜に何気なく「ドライブ行こうか?」という感じでスタートします。

毎回、目的地を特定しないので、車に乗って道路に出たらジャンケンをして、勝った方向に進んで行き、そちらの方向で行きたい場所があったら、そこに向かって行く。という無謀なドライブです(笑)

気付けば、とても遠くまで来て車泊している事もあれば、近場をひたすらグルグルしている事もあります。

あまりにテンションが上がり過ぎると、静岡県から京都の清水の舞台にいたり、奈良の鹿と戯れていたり、愛知県で食い倒れツアーをしている時もあれば、時には長野県の松本城を登城している時もありました。

もちろん、最初から計画している訳ではなくです(笑)

真夜中の伊豆半島一周ドライブの時には、猪が横にいたり、鹿が顔を出していたり、野生のサファリパークの時もありました。あの時は、かなり怖かったですよ!

いつだったか、真夜中の海岸線を走ってる途中にトイレに行きたくなり、コンビニを探したけれど全然見付からず、そんな中ようやく海の側にあるトイレを見付けて、トイレに行こうとしたら、不審車両に認定され警察から職務質問を受けました。

でも私の膀胱が限界をむかえそうだったので、人生初の職務質問の一言目は「とりあえず、トイレに行かせて下さい」と、トイレに走りました。そんな私を見て警察の方も笑っていました。今では、いい思い出です(笑)

そんな無謀なドライブをしてきた私達ですが、時には真面目な話をするドライブもあります。

同じ職場で働いていた私達は、会話の内容は仕事ネタが多かったのですが、仕事で辛い事があった時などは、ドライブをしながらお互いの悩みや愚痴を聞いてもらい、相談に乗ってもらいました。

同じ職場だけに、的確なアドバイスをお互いに出来るので、ドライブが終わって家に着く頃には、毎回スッキリしています。

仕事の話だったはすが人生観の話に発展して、とても壮大な話になっている時もあります。

夜のドライブは、暗い車中で話をするせいか、いつもは話さない様な内容を話せるので、通常だと恥ずかしくて言えない事も、サラッと相手に伝えられたりするので、私達にとってとても貴重な時間になります。本当に今まで、最高のドライブをいっぱいして来ました。

今、我が家では子供が産まれて、今までの様なドライブは出来なくなりましたが、いつの日か子供も一緒に、無謀なドライブを楽みたいと思っています。

女子会よりもディープな話

友達が女性で初めて会社で昇進試験に合格したとのことで、お祝いに愛車のアクアでドライブに出かけました。車の中って誰にも気兼ねせずに話したいだけ話せるし、馬鹿笑いもできるし、大好きな曲をかけられるので大好きなんです。

今回は友達のお祝いなのでドライバーは私でした。女性だって運転が好きだし、ドライブは最高の癒しです。別にどこに行こうというわけではなかったのですが、せっかくだから昇進ありがとうということで伊勢神宮に行こうという話しになりました。

三重県までの道のりをノンストップで話し込み、大盛り上がり、伊勢に着いたらうどんをたべようとか、赤福は絶対に買わなくちゃとか、なんだか食べ物の話しばっかり・・・。「バチあたりだね、私達」と苦笑しながらも頭の中は赤福一色でした。

平日だったことと、駐車場も沢山あるのですんなり止めることができ、おかげ横丁へ。念願の食べものは全部制覇、お参りもちゃんと済ませていい気分で帰りの途につきました。電車だと宇治山田駅でバスに乗り換えたりして行かないとたどり着けない伊勢神宮ですが、車はやっぱり便利ですね。大好きなアクアと一緒がいいです。

お店やさんでご飯を食べながらの女子会よりもディープな話しもできるし、相談もなんだかいつもよりしやすいのがドライブのいいところ、数時間あるので話しの尽きない女子にはもってこいな時間なんです。またどこかすぐにでもドライブしたい気分です。

学生最後の旅行

私は学生の時、友人たちと一緒に旅行にいったときのことを、今までで一番楽しかった思い出として残っています。
その旅行というのは、学生最後の旅行ということで、いっぱい話をしたいと思って、車で出かけることにしました。

車で出かけることで、ほかの人を気にすることなく、話をすることができます。もしもその時、交通機関を利用していたら、あんなに気楽に話をすることが出来なかったと思っています。それだけ、車の中の空間というのは、素敵な自由な時間を持つことができる場所と言えるのです。

そしてドライブ途中に、気になることがあったり、立ち止まってみたいと思う場所があったりすると、車を停車して見るようにしていました。そのことも、ドライブのよいところであると思っています。電車やバスでは、このように自分がじっくりと見たい景色などについて、見ることができないからです。

また、少し疲れたと思った時に、その場所で何時間でも休むことができます。私たちの場合は、気にいっている道の駅があったので、そこで長い時間を過ごすことができました。そのことから、ドライブをすることによって、自分がしたいと思ったことを、我慢することなく達成させることができるので、そのこともメリットであると思っています。

また、運転が疲れたと思った時には、ほかの人にかわってもらって、自分が休むようにしていました。そのことも楽しい思い出となっています。また、宿泊して次に移動をする時に、その途中で色々なところに立ち寄ることができたことも、とても満足することが出来ました。旅の途中で、予定を変更させることができるのも、自由な感じで、リラックスできたと思っています。

その旅行では、大変と思うこともありましたが、ひとつの車という空間の中で、それぞれが知恵を出し合ったことは、一番の思い出となっています。

アクアはかわいい走り屋!

アクアはかわいい走り屋!

一言で走り屋っていっても、一昔前のガンガン飛ばすような走り屋さんじゃなくってですね。車の運転自体が楽しくって、周りの景色を楽しみながら、丁寧にステアリングを楽しみながら、好きな音楽を楽しみながら、車となかよく走っていく。そんな楽しみのための「走り屋の車」って気がします。

コンパクトなのに、後部座席の足元もしっかりスペースがあるし、4ドアなので、友人たちとの外出も楽々だし、お子さんと一緒も、チャイルドシートの乗り降り楽ちんですよね。

また、シートヒーターは、女性にはうれしい機能。車のシートって乗った時、夏場はいいけど、冬はすごく冷たくって辛いの。長距離ドライブの時とか、トイレ休憩が少なくて済んでありがたいのです。

また、夏は冷房がガンガン効いていても、シートが暖かいと冷え性な女性には頼もしいですしね。夏でもミニスカートとかショーツ履いて、ひざ掛けかけてたりとかしてますもん。

オプションですが、スマートキーもうれしい機能。両手に荷物がいっぱいでも、バッグからキーを出したりしないでいいし、バッグから出さなくていいってことは、キーを落とす心配もなければ、キーを車内に忘れてロックしてしまう心配をすることもないしね。男性だって、キーチェーンとかにつけていれば、ポケットより安心かも。

エアコンフィルターの花粉除去も、ナノイーもバニティミラーも、シートの暖房も女性目線のありがたい機能。ちょっとシャープな外見にも関わらず、女性の心をくすぐるポイントもきちんと押さえられてて、かわいいやつって感じ。

彼氏の車でもうれしいし、自分の車としても機能充実ですよね。いや、どちらかっていうと、自分の車として欲しいかな。

もちろん、安心機能も満載。ABSやブレーキアシストをはじめとして安全面にもきちんと気が配られている。そして、エコ。低燃費、CO2排出量も削減されて、乗る人だけじゃなく地球にも優しくできているクリーンカー。お求めやすい価格もアクアの人気の理由ですよね!

欲を言えば、男性のみならず女性にも機能満載な車なので、内装やボディカラー、アクセサリーなんかも少しキュートなものがあるとうれしいななんて、思ってしまいました。

せっかく色々あるボディカラーも原色じゃなくて、もっとソフトな色合いだったり、ピンクとか、藤色に近い色とか、黄緑色とか、色々あったらうれしいな。もしかして、特別仕様車とかで、出てきちゃうのかな?

もうちょっと先だけど、そろそろ自分の車を買おうかなって思っていた時に見つけたアクア。最有力候補の一台として、もうちょっと見守ってみようかなって思います。

母も気に入りました!可愛いデザインのアクア

TOYOTAのアクアは、母が最近購入して乗り始めた車です。私の家はいつも近所のTOYOTA販売店でかなりの頻度お世話になっていて、母が前回乗っていた車もまだ乗れる状態でしたが、まだ車がきれいなうちに高い値段で売って、その差額で新しい車に買い換える価格を抑える、という方法を選んだようです。

母は、仕事で大きな車を使っているのですが、それとは別で、普段の買い物用のコンパクトな車を探していました。母は女性なのに、車に少しこだわりがあり、気に入ったデザインの車しか乗りません。

そして、乗っていた車もデザインが古く感じてきたり、色が気に入らなくなると、今回のようにまだきれいな状態でも買い換えてしまうのです。

そんなこだわりのある母が選んだ車が、TOYOTAのアクアでした。スポーティーな雰囲気の外観が気に入ったようです。色は水色です。色は、前々から次は水色の車がほしいと思っていたようで、そこでアクアの水色の車を選んだようです。母の条件を聞いて、販売店の方にオススメされたということでもあったようです。

そして、実際の乗り心地はというと、コンパクトなので小回りもきいて、すごく運転しやすい、とのことです。

中は、後部座席が多少狭いので、大人が4人乗ると少しきつく感じるかな、という大きさですが、実際に私も助手席に乗りましたが、普段私が乗っている車はもっとコンパクトな車なので、そこまで助手席や運転席に乗っている時は、全然狭く感じませんでした。

そして、アクアに乗って一番初めの印象は、エンジンが静かだということです。これは、私と母、二人とも同じ感想です。

母がこの車に決めた理由は、正面から見たデザインがかっこよかったからだそうです。ただ、内装はあまり好みの感じではなかったようで、少し迷ったけれど、外観のデザインが気に入ったので購入したそうです。

価格は、オプションもつけて、180万円以上くらいだと聞きました。顔なじみの販売員の方と値段交渉をしての価格なので、実際に普通に購入するとなると、違ってくるかもしれません。前に乗っていた車を売って、買い換えているので、実際に払った金額は100万円以下でもっと少ないですが。

見た目がスマートでスポーティーな感じがかっこいいので、男性が乗ってもいいデザインだと思います。

トランクも荷物がたくさん入りましたし、子供2人までなら、家族で乗る車でも十分だと思います。私の友人もTOYOTAのアクアの違う色に乗っていますが、やはり外観がかっこよくていいと思います。母も満足しているようです。

レッカー車の夜景

『ドライブ』と聞くと必ず思い出す話があります。

それは以前付き合っていた彼との出来事。

私と彼は神奈川から彼のご両親が持っている那須の別宅にお呼ばれしたので車で出掛ける事に。この時の運転は彼でした。

夜中のドライブとはいえ、都内は案外混んでいましたが、それはそれで建物や風景の「夜の顔」を眺めるのが楽しくて夜景を堪能していました。

当初二人で好きだった音楽をかけて、歌ったり、とりとめのない会話をしたり、本当に普通のドライブでした。

そして都内を抜けて高速道路に乗り、埼玉のとあるサービスエリアに入った時の事。

まだ駐車場に停めてもいないのに、何故かブレーキランプのライトが点滅し始め、なにやら不吉な予感。

それでも車検に出してから日は浅く、車も普通に動いて停めることができたので
お互い気にかけるものの、その場は休憩。少し休んだ後、再び栃木方面へ向かうため
車に乗り込みエンジンをかけると、また数回ランプが点滅・・・

でも少しすると普通に戻ったので、まあ大丈夫かと思って高速に再び乗ったところで
何とも言えない変な音がした様な?と彼と目を合わせるも、高速に乗ってしまったばかりなので、何とか次のサービスエリアまで頑張って運転するということになったのですが。

そういう時に限って次のサービスエリアが遠い!

お互い音楽も止めて無言。景色なんて堪能できず、ただ次のサービスエリアに辿り着く事を祈りながら神経をそこに集中させているから会話なんてない。

聞こえるのはカーナビのなんだかの案内だけ。しかもそういう時に限って何だかうるさくてせわしない。

やがて何とか次のサービスエリアが見えたので、車を左側に寄せて入ることができて、ほっとしたのも束の間。駐車場に停めたら、エンジンをかけても動かなくなってしまったんです!途中で急に止まらなくて良かった!!

車の保険会社に連絡をすると程なくレッカー車が到着。ただ、この時にいたサービスエリアから降りることは勿論出来ないので、次のインターで車を一般道におろして、修理工場に持っていくとのこと。

彼は仕方なく夜中にも関わらず、先に那須の別宅に泊まっている両親に電話をかけ、
事情を両親に連絡。すると次の日の朝なら、その一つ先のインターまで迎えに来てくれるという。

ということで、車と一緒に次のインターまで私達も連れて行ってもらうことになったのですが・・・

自分たちの車に乗ったままレッカー車に積まれ、荷台の上からほぼ何も見えない真っ暗な夜の景色を眺めるといった数少ない体験をすることができたのでした。

山のドライブで野生を感じる

私は山道をドライブするのが好きです。
車に乗せてもらうと、特に後部座席は車酔いをしてしまいます。
なので、助手席か自分で運転して山道をドライブします。

峠を越える時は、大きな道路では、道も広く、トンネルも長いので、比較的走りやすいです。
しかし、小さな峠では、トンネルも小さく、道幅も狭いので、すれ違いの車が通ると、ぎりぎりです。
一歩間違えると、下は絶壁のようなところもあります。

もっと小さい峠は、トンネルすらありません。
まるでけもの道しかないような山もあります。

夏場はそういった峠もドライブすることもあります。
めったに車とはすれ違いませんが、たまに山菜摂りの人と出くわすことがあります。

そのような山の途中にも集落があるところがあります。
そういった山の中では、田んぼもだんだん田んぼです。

さぞかし、田植えや、稲刈りが大変だろうと思ってしまいます。
まさに、日本の原風景といった感じです。

ドライブで峠越えをしていると、野生動物に出くわすことがあります。
野生のうさぎに出くわしたことがあります。

毛並みも汚れた感じの色で、筋肉質な感じがしました。
野生ながらもうさぎ独特の可愛さはありました。
ふだんペットのうさぎしか見ていないので、野生のたくましさのようなものを感じました。

他にもたぬきやもぐらなど、いろいろな野生動物に良く出くわします。

山では、人間よりも動物の方が、優先順位では上位で生きているようなところがあります。
虫もそうですが、里の生き物よりも、はるかに全ての生き物が大きいですし、たくましいです。

車でドライブしながら、山のいろいろな生き物や、見たことのない植物をみることができるのは嬉しいです。
なんといっても、ドライブは気分転換になります。

これからも車でいろいろな場所へドライブしたいと思っています。

カーナビを操作する大役の楽しさ

方向音痴さんのドライブ助手席事情。なんしか、方向音痴なのです。そのため、地図を持っても、案内役には不向きです。それでも、助手席に座ってドライブをするのが好きです。

問題なのは郊外よりも、都会の真ん中。道がわからない、建物がわからない。いつも通っている道と言われても、よくわからない。と、全く役に立たず。地図をみてと言われても、地図を読めない。

それでも、どうしてこうも助手席は楽しいのでしょうか。後ろに座るよりも、ドライバーとの会話も楽しいし、見える景色も全然違う。お出かけののワクワク感は、シートベルトをつけるところから始まっています。助手席に座っていたら、どんな道を走るのも楽しいです。ただ、方向音痴なのです。

最近は技術の進歩により、カーナビ様のおかげでちょっとは役に立つようになりました。ナビ様を操作するという、運転手にはやりにくい操作を任されるのです。大役です。運転手の言う住所を打ったり、拡大縮小まで。運転手は運転中に操作するのは危険ですからね。

なんとも優秀なナビ様は、私の案内より、ずっと精度が高いのです。ナビ様のおかげで、私の役割もできました。なので、今のドライブは、私はナビ様のお守りが私の役目です。普段のドライブの楽しみが、役割ができるだけで、何倍も楽しくなるのです。方向音痴には方向音痴なりの、ドライブの楽しみ方です。

結婚への道を走ったドライブ

私は今の奥さんと結婚する以前、デートと言えば自分の親の所有するアクアでドライブをすることでした。
その当時は特に目的地などなくても、ただ単に奥さんと一緒にアクアに乗りながら、一般の普通の道路を走って、何気ない会話をする、そんなことだけで本当に楽しかったのを今でもハッキリと覚えています。

基本的に奥さんも私も車の運転が好きでしたので、そういったことも良かったのだと思います。
因みにドライブの道のりですが、そのときに行きたい信号を曲がり、そのとき思い付いた全く知らない都下の方への道へ向かってみたり、まさに行き当たりばったりな感じのドライブをしていました。
確か一番遠い場所で、私の自宅の東京都八王子から千葉県の船橋をずーっと超えた辺りにあった海辺の公園です。
(記憶が曖昧で、正確な公園の名前が分からなくてすみません(苦笑))

そのときは車から降り、真っ暗な知らない公園の中を「ワーワー」とハシャギながら、また、奥さんは「恐い恐い」言いながら散策しながら海を目指し歩いた気がします。
それくらい敷地の大きな公園で、夜になると真っ暗であり、人気が全くなかったのです。
今こうして振り返って思い出しますとかなり初々しい気持ちになります(笑)

今では子どもが2人いまして、アクアでドライブと言えばレジャースポットやレジャー施設へのお買い物など、子ども達の喜ぶ場所までの道のりとなりました。
何にせよあのときのドライブがなければ今の奥さんとは結婚もしていなかったかもしれませんので、私たち夫婦にとってのドライブとは二人の距離をとても近くしてくれた、とても素敵なものだったのかもしれないです。

子どもの為に、というのも大切にしますが、今度時間が出来たら久し振りに夫婦だけでドライブをしてみようと思います。