結婚への道を走ったドライブ

私は今の奥さんと結婚する以前、デートと言えば自分の親の所有するアクアでドライブをすることでした。
その当時は特に目的地などなくても、ただ単に奥さんと一緒にアクアに乗りながら、一般の普通の道路を走って、何気ない会話をする、そんなことだけで本当に楽しかったのを今でもハッキリと覚えています。

基本的に奥さんも私も車の運転が好きでしたので、そういったことも良かったのだと思います。
因みにドライブの道のりですが、そのときに行きたい信号を曲がり、そのとき思い付いた全く知らない都下の方への道へ向かってみたり、まさに行き当たりばったりな感じのドライブをしていました。
確か一番遠い場所で、私の自宅の東京都八王子から千葉県の船橋をずーっと超えた辺りにあった海辺の公園です。
(記憶が曖昧で、正確な公園の名前が分からなくてすみません(苦笑))

そのときは車から降り、真っ暗な知らない公園の中を「ワーワー」とハシャギながら、また、奥さんは「恐い恐い」言いながら散策しながら海を目指し歩いた気がします。
それくらい敷地の大きな公園で、夜になると真っ暗であり、人気が全くなかったのです。
今こうして振り返って思い出しますとかなり初々しい気持ちになります(笑)

今では子どもが2人いまして、アクアでドライブと言えばレジャースポットやレジャー施設へのお買い物など、子ども達の喜ぶ場所までの道のりとなりました。
何にせよあのときのドライブがなければ今の奥さんとは結婚もしていなかったかもしれませんので、私たち夫婦にとってのドライブとは二人の距離をとても近くしてくれた、とても素敵なものだったのかもしれないです。

子どもの為に、というのも大切にしますが、今度時間が出来たら久し振りに夫婦だけでドライブをしてみようと思います。