アクアがあれば通勤も楽!買いやすい価格帯のハイブリッド

採用面接にて

採用面接に行った時の話からスタートです。

採用応募したのですけれど、考えてみると勤務場所が自宅より40km離れているのに気付きました。

交通機関はバスしかなく、そのバスも1日に1往復しかありません。しかも、バス乗り場まで行って、そこから勤務場所に向かうとすると片道2時間もかかることになるのです。

その通勤費も1日1500円になります。これでは安い賃金で、とてもペイしない仕事と考えて採用してもらうことを諦めました。

そして、応募しておきながら、断りの電話を入れたのです。ところが、「折角の縁ですので一度、会社にお出で下さい」と言われ、それもそうだなと考え直し、面接に行きました。

面接でアクアの話題に

仕事の内容、採用時の賃金、会社としての経営内容などの話を一通り聞きました。

自分は、「通勤時間、費用と賃金の関係で万が一採用していただいても通勤は無理です」とお話しました。また、「安い中古車があるならば、通勤は可能かも知れません」ともお話しました。

すると、急に車の話になりました。10年乗っていたプリウスを手放したのだそうです。15万円程度で売却したとの事です。

「廃車費用を考えると15万円でもよかったのです」と話す一方で、「とても残念なことです」と付け加えました。

「その車をあなたに上げれば、通勤の問題は解決したのに」と、まるで採用される方の立場になって悔しがっているのです。

それで、次の車は購入されたのですかとお尋ねしたところ、「そうです、プリウスの新車を購入しました。

プリウスに一度乗ると、燃費の良さは抜群なのです。さらに、息子はアクアなんです。最近、アクアの新車を購入したのです」

息子、アクア自慢話が始まりました。「やはり若いですね。プリウスとアクアの2車種を比較して、燃費の良さはプリウス以上だし、アクアの価格はプリウスより安いというのです」

そして、「何よりもアクアはハイブリッド車として発売したばかりですから、所有者が少なくて、今は珍しい車の部類に入るのが良いと息子は言っている」と話してくれました。

アクアを見に、トヨタの販売店へ

その時の好奇心をたっぷりと込めてアクアについての話が忘れられずに、トヨタの販売店に行き、アクアについて尋ねカタログをもらって来ました。

価格は200万円以内で購入できるのを知り、自分でも購入可能と考えました。ハイブリッドと言えば、まだまだ高値でプリウスがサラリーマンの手に届く価格に下がってきたといわれています。それでも大きな買い物になるのは間違いありません。

それに比べるとアクアはハイブリッド車でありながら、「サラリーマンにも楽々手の届く価格になった」と非常に親しみを覚えた車です。