深い山に入り込んで怖かったドライブ

深い山に入り込んで怖い思いをしたドライブ

免許をとりたての頃は良く一人で気ままにドライブに行きました。

私は埼玉県に住んでいるので例えば国道4号線を北にひたすら走って日光まで行ったり、地図を頼りに成田空港まで行ってみたりですね。

その頃はスマホも持っていないし、カーナビも私の車にはついていなかったのでひたすら地図と道路標識を目当てに走っていました。

やはりドライブは楽しいです。道はつながっているのだから迷ってもいつかは帰ってこれると思いながら運転。

好きなCDをかけたり、ラジオを聞いたり途中のコンビニで飲み物を買ったり、本当に自由です。

でも怖い思いをしたこともあります。やはり日光方面にドライブに行った帰り道でふと寄り道をしたくなったのです。

標識にナントカ山(忘れました)と書かれているのを見つけて寄ってみようとハンドルを切ったのです。

国道4号線を外れて標識を頼りに走って行きました。ところが行けども行けどもを標識らしい標識が出て来ないのです。あたりは段々暗くなっていきました。

どう考えても山の奥深くに向かって走っているようにしか思えません。コンビニはおろか人の住む家さえありません。と、いうか車さえもめったにすれ違いません。

「ナントカ山」っていうのは観光地ではなくてただ本当に山で自分はただその山をひたすら走っているだけだったのかも。

今にして思うとそう思うのですがその時の私はそんな風に思う余裕はありませんでした。山道なのでUターン出来る場所もありませんし標識もないし日が暮れてきて泣きたくなりました。

もう観光どころでは無くなって、ひたすら帰りたい。でもどこでUターンすれば良いのか。半泣きになっていた時にやっと一つの標識を見つけることができました。

それは知った地名を指し示していたので取り敢えずそちら方向に向かいました。どうやら山を降りるようです。

下り坂なのです。ホッとしました。平地に降りれば山にいるよりは怖くありません。

そして走って走って…。やっと国道4号線にもどることが出来ました。国道4号線をひたすら真っ直ぐ走れば家につくので本当にホッとしましたね。

私はふと思い付きで道を変えることがあるのでそれが良い結果を生むこともありますが、この時のようにひどい結果になることもあります。

でも、ただ分かっている道を走るだけなんてつまらない。やっぱり知らないところに寄り道するのがドライブの醍醐味かな、と思ってしまいます。夜とかはやめたほうが良いですけどね。

山道を走るならコンパクトカーが良いですよね。とくにガソリンスタンドが少ないので燃費の良い車だと最高です。個人的にはやはりトヨタのアクアですね。
http://アクア価格.net/
https://ja.wikipedia.org/